肉もやしいため

おいしい

BANANA FISH次回予告

マイロストシティーの2周目が出来ないで悶々としてBANANA FISHの公式Twitterで予告を見てみた。

 

今更、省かれたシーンの補完とか、ショーターと英二の絡みを次回予告でしてくれてることに気付いた!!

 

次回予告って番組本編終了後についてくるものだと思い込んでたから、次回予告見た気でいて公式が流してるのスルーしてたのよね。

 

ショーターと英二の絡みも嬉しいんだけど、ニワトリのくだりをせめてここにでも持ってきてくれてたのが嬉しい!!

次回以降は配信されたらすぐ見なくては!

 

ただ、この先、この先の次回予告って…

 

って気持ちにもなったんだけど、アッシュの在り方に変化が起こるあたりから、コミカルなシーンはあれど全体を通して更にぐっとシリアスになっていくし、そうなったらアッシュと英二になってくのかな?

 

早く腰を据えて2周目せねば。

prayer X

配信されたので買ってみた。

 

2番が聴きたかったのよね。

 

この曲ってバラードなんだけどバラード然としてなくて、アップテンポなバラードと言うか、すごくリズミカルで好き。

 

イントロがすごく穏やかに囁くように始まって、EDのイメージ通り心臓の鼓動のように広がっていって。

 

歌詞がすごく英二に出会う前と、英二と出会ってからのアッシュを英二目線で見てる歌詞に感じられる。

 

1番ってすごく苦しんでるアッシュに聞こえる。

信じられるものはいなくて、生きるために人を殺して傷ついてるアッシュに聞こえる。

2番はめちゃくちゃ英二だと思う。

歌詞もしかしたら聞き間違いしてるかもしれないけど。

「屈託のない笑顔の裏 隠していた

生きるための嘘が もはや本当か嘘かわからなくて

自分の居場所さえも見失ってるの

光にのまれて 光に憧れて

今日も空を眺めるのでしょう」

 

アッシュが英二にだけ見せるただの17歳のかぼちゃが嫌いな少年の顔と、生きるために人を殺して傷付いた自分を隠してきたアッシュを思わせるし、アッシュが殺戮の合図になっていた時に自分がなんなのかわからなくなってしまったアッシュを見てる英二みたい。

 

「この人生に意味があるのなら 教えてよ

この儚い日々の中で

痛みや悲しみさえ飲み干したい

いま僕らは一体全体何を信じればいい」

 

棒高跳びから逃げ出した負い目が無意識的にあった英二が、アッシュを守りたいと感じていた事を歌ってるように思える。

アッシュを守りたい、辛いことから守ってやりたいって思う英二に感じられる。

 

 

こういうシンクロしまくってる歌詞ってどうやって書くんだろう?

たまたまking gnuの方がBANANA FISH知ってたわけでもないだろうし。

OPのかっこよさとか派手な感じから転じて、EDはアッシュの内面を描いててすごく好き。

BANANA FISH 6話

Twitterがわり

 

※ネタバレすごい

 

 

 

みんなの服が現代っぽい!!

オシャレだけど主張しすぎなくて良いな。

ベースの色味が変わらない感じ?

まあ一番好きなのは無地のTシャツとデニムなんだけど!

 

アッシュのお父さん、凄くいい。

漫画で読むよりも「はぁ?なにこの父親」って思わさせられる。

 

ちゃんと「ジェニファ」なのが良い。「ジェニファー」じゃないのが。

 

ネズミにビビる英二可愛いwww

 漫画ではほんの一コマだったけど、ショーターとのいい感じの絡みに見える!

 

スマホで調べられる時代www

パソコン関係の事はすべてスマホとかタブレットとか液晶のパソコンになるかな。

ドースン家の古いパソコンは「古いパソコン」って前提があるからWindows98くらいだと面白いな。

 

「年寄りはやだぜ!」が最高。

原作通りのイメージ!

 

考えたこともない、最高。素晴らしい。

囁くようで素晴らしい。

 

棒読みの「グレイト」とても良い。

お見事感。

この一連、細かな演技が凄く良い。

 

伊部さんが声かける時に遠目に描いてアッシュの顔を描かないのいいね。

下手に勘繰らせないというか、現時点で必要以上の情報を与えない感じ。

 

3人が楽しそうに喋ってるの良いなぁ…

貴重な「少年達」でいられる瞬間…

 

伊部さんの語り、「かっさらった」の言い方がすごく優しくて良いなぁ。

憧れとか庇護欲とか愛情とかすごい詰まってる。

 

英二が怒るシーン、個人的にはもうちょい詰めても良かったかなぁ。

唐突に怒ったような感じがあった。

 

原作でもそうだけど、ボロボロになって帰ってきたアッシュがあまりに不憫…

セカンドレイプって言葉通りと言うか、なんども深く傷つけられてきたんだろうなぁ…

 

英二がここでアッシュのこと気にかけてなかったら、アッシュは死んでたかもしれないんだよな。

バディの時もそうだけど、英二だけが気付けたんだな。

 

アッシュの乱暴な口調凄く良い。

「2人を離せよ」とかあの辺。

 

ショーターが英二に「みるな」って言った時の英二の表情凄く良かった。

普通の日本人は冷静でいられるはずないもんな…

 

お父さんとの別れのくだり、凄く良かった。

原作だと割と古い絵柄だからアニメの絵とはシンクロしないはずなんだけど、すごく原作らしさが出てるって言うか、原作を彷彿とさせた。

 

お父さんは結局アッシュの事大好きだし、アッシュもお父さんの事大好きなんだよな…

守り方とか支え方とか、そう言うふれあいが上手くいかなかっただけで。

アッシュに酷いことをする大人さえいなければ、カーレンリースの一家は普通の家庭でいられたんだろうにさぁ…

 

次回ユーシス登場かな?

2クールでこのテンポなら、ユーシス登場からのユーシスが月龍だとショーターが気付いたところで終わりくらいまでいくかな?

流石に英二に足手まといって言うシーンとか、ジェシカとマイケルが襲われるくだりまでは進めないよなぁ?

じゃないときりが悪いだろうし…

なんにせよ楽しみ!!

 

声優さんの何気ない演技もそうだけど、作画にとにかく力がこもってて凄く良いなぁ。

細かく好みじゃない点があったとしても、不満ではない。

素晴らしい。

 

また明日見返そう。

 

ANGEL EYES

復刻版が届いた!

 

噛みしめるように読んで大満足…

アッシュと英二だけかと思ったら、ブランカとアッシュもあったんだね。

 

でもブランカとアッシュの絵はアッシュの眉間にシワがよってて、アッシュと英二だと穏やかな顔してて、それだけで涙腺にくるものがあった…

 

最後のお話も凄く良い…

 

素晴らしい…買ってよかった…

 

これを読み返しながら今日の放送を待つ!

BANANA FISHのインタビュー

spoonとオトメディアをものすごい久しぶりに?もしくは初めて買ってきた。

 

オトメディアは謎なシチュエーションだなと思ったんだけど、spoonは2人が寄り添っていた短い時間の一部を切り取ったみたいですごく良かったから買ってみた。

 

オトメディア、インタビューは良かったんだけど、1P目の取り上げ方がちょっと、なんか「ああ、編集した人はBANANA FISH読んでないわけね」って思わされる感じだった…

運命の出会い❤️とか甘いフレーバー❤️とか使ってるフォントとか、なんかもう「それ、海外留学先で出会ったイケメン外国人との甘い恋の日々、みたいな作品に使いなよ」って感じだった。

インタビューの内容としては回答者側の発言内容にちょっと差はあったものの、質問事項があまり変わらなかったから大筋として特別な裏話があったわけでもないし。

絵コンテみれたのは嬉しかった。

オトメディアはそっち方面として宣伝してるって感じだったからちょっとうーんって感じ。

 

大本命spoonはすごく良かった!

インタビューの内容も頷きながら読めるような内容だったし!

内田さんと野島さんでよかったなぁ…

買って良かった雑誌だった!

BANANA FISH 5話

Twitterがわり

 

※ネタバレすごい

 

 

 

 

アニメの1話1話の間にある時間経過は割とガツッと省かれるのかな。

 

英二がアッシュと逃走するシーンすごく好きなんだけど、ちょっとイメージと違ったかも。

原作だと取り押さえられそうになってるアッシュを見て気付いたら体が動いていてってイメージなんだけど、アニメだと一大決心!って感じだったかな?

 

ショーターの顔、今回はすごく原作っぽかった!

イケメンーーって感じじゃなくてちょっとムーミンぽい感じ。

古川さんの声がすごくかっこいいから、結果としてにかっと笑ってるショーターもかっこよくなっちゃうwww

 

英二の回想シーンすごくよかった。

こういう漫画ではコマ数の関係で省かれたシーンを会話の中に回想として交えられるってのはアニメの強みだなぁ。

 

英二が銃を渡されるところで始めて野島さんの情けない感じの声聞いたかも。

 

川に飛び込む時、ショーターが英二の事支えるようにしてるのとてもよかった。

ショーターって、アッシュの親友と言うか戦友だと思ってるから、ショーターが英二の事を大切にしてくれるのすごく好き。

短い時間しか一緒にいられなかったけど、ショーターの義理堅さとか優しさとかってすごくあふれ出てたし、英二もそれを感じていただろうし。

なにより私個人としては、ショーターには「英二ならアッシュを癒せるのでは」って感じ取っていてほしくて。

だからかなりの強い意志で英二を守ろうとしてるんだと思ってると言うか…

ひいては親友であるアッシュのためなんだけど、それが結果として英二を守ることになると言うか。

まああくまで私の中のショーター像なんだけど。

周囲はアッシュと英二を親友だと呼ぶし、アッシュには部下はいても親友はいなかったかのように思われてるけど、スキップとかショーターは親友と言っても差し支えない存在だったんじゃないかなぁ。

だからショーターを殺した時に変わってしまうほどショックを受けたんだろうし。

 

話が逸れた。

 

想定してなかったエンディングカット!!話数的には今後もこんな風になってくのかな。

アッシュのケープコッドへの想いを考えると、エンディングの曲とのこの流れはすごく良かった…

アッシュの孤独感と言うか傷付いた気持ちが増幅されるような気持ちになる。

最後のアッシュの顔もすごく原作に寄せてあったし、囁くように言った「兄さん」もすごくよかった…

 

今回個人的に解釈違うところはあったけど、安定の大満足…

自分が大人になったからなのかわからないけど、「これをこの話数に収めるには仕方ない」ってある程度思えたり出来てる。

来週アッシュと英二2人だけの時間がくると思うとドキドキする。

 

 

追記

 

時間ないから飛ばし飛ばしだけどもう一回見た。

英二の「バン!」のとこもそうだし2.3話の引きもそうだけど、引き付けるのうまい演出だよなぁ。

ゴルツィネのテーマだかなんか知らないけど、ゴルツィネが出てきた時のBGMが「グルル」って鳴き声?みたいに聞こえてちょっと可愛かったwww

トラックの運転シーンでショーターが英二に伏せておくよう言ってたくだり好きなんだけど、無かったのがちょっと惜しい…ぐぬぬ

 

 

アッシュの見つめる夕日があまりにも切ない。

夕日を眺めてる時のアッシュの目が凄く良い…

襲いくる悲しみを乗り越えなきゃいけない子だってことにすごい切なさを感じる…

ケープコッドで英二が「いいところだね」って言った時に見てた太陽みたいで、アッシュはケープコッドの太陽を重ねてグリフを想っていたのかなとか。

伏せ目で涙を流すシーン、原作の方がよりそうだったけど、私には「拗ねてる」ようにも感じられて。

あんなところ帰りたくないって気持ちと、バナナフィッシュ について知りたい気持ちと、色んな気持ちが重なってすごくアッシュが年相応に戻ってるように見えると言うか。

アニメでもすごくよかった…ありがとうございます…

 

 

追記

 

古川さん、改めて凄くいいなぁ。

ショーターの声にあってる。

アキレウスのイメージが強かったから、今後の苦悩するシーンをどう演じてくれるのか凄く期待。

内田さんは言わずもがな。

強いアッシュはすごくかっこいいけど、この先傷ついて怯えてるアッシュをどう演じてくれるのか楽しみ。

野島さんは逆に、英二の年相応の男の子らしい言葉遣いとか、アッシュをからかうところとかがどんな風になるのかが楽しみ。

 

基本的に原作ある作品のアニメ化って嫌いなんだけど、コミックを同時進行で読みながらアニメを見るって凄く面白い。

こんな風に楽しめるってすごい。

 

 

 

追々追記

すごく共感できる人様のブログを読んで、「そうそうそう!」って気持ちと、その方のブログを読んでから自分の吐き出しを読み返して「語彙力に差があるだけで、同じ事を思ってたんだ」って感じたところがあった。

昨日自分で書いてた時は、深く解釈出来てないところはたくさんあって、どちらかと言うと目の前で起きた事をフィーリングで感じてるに近かったから、あまり具体性をもって書けないと言うか。

 

だからそのフィーリングの時点で共通認識があったりすると「そう思うように描かれているんだ」って認識出来て感動した。

 

特にラストの夕日のシーンって、私にはすごく切なくて寂しく感じられて。

それまで静かにぽつぽつと流れていたEDが、アッシュが1人になってから膨れ上がったとこに、「1人になってようやく泣く事が出来た」「ようやくグリフの死を認識した」ように見えて、あまりにも悲しかった。

認識というとちょっと違うんだけど、なんか、お葬式に出るまで人の死を実感できないみたいな。

ようやくあそこで「ああ、もういないんだ」って身に沁みてしまったと言うか。

あそこでアッシュは17歳の少年として、お兄ちゃんを亡くした少年だったんじゃないかと思うし、やっぱりあそこはケープコッドを重ねていたんじゃないかと思ってしまうんだなぁ…

 

まとまらない…この回はすごすぎる…

ずっとバナナで魚な日

※すぐネタバレする。多分

 

 

 

 

 

 

 

ここ毎日、ずっとバナナフィッシュの事を考えている。

原作3周目。しんどい。

 

アニメのEDが好きすぎて頭の中でエンドレスしてる。

この曲聞くと、英二がシャオ達に撃たれたあとアッシュが医者のふりして見舞いにきて、お互いがお互いを求めあっているのに離れなければいけなかったあのシーンを思い出す。

 

 

今日の仕事中、コーヒーメーカーがある場所に飲み物を取りに行った時、外の別の会社のビルが目に入った。

私の働くオフィスは7階だから、すごく高いビルの上の方まで見た時に「アッシュはあのあたりからディノを見下ろしていたのか」とか、「ブランカはこれくらいの距離を狙撃したのか」とかすごい考えてめちゃくちゃ興奮した。

 

原作自体はかなり古いし、原作の時代も私が生まれていないから、現代に直された事で(大幅に変わったところはiPhone持ってるとこくらいしか感じてないけど)より身近な感じがするのかな、と思った。

のと、身近に落とし込めた時の興奮がすごかった。

 

アニメ4話、ちょこちょこカットと言うか改変と言うか、原作通りでは無いところがあったけど、私的に不満点は特になく、すごくドキドキしながら見れた。

特に私は野島さんの声が結構好きみたいで、野島さんが今後、大人しそうに見えて割と言葉遣い悪いシーンとか叫ぶシーンをやるんだと思うとすごくワクワクする。

内田さんは多分初めて意識して声を聞く方だから、声のバリエーションが想像つかなくてただ素直に受け止めてる感じ。

アッシュのイメージにかなりあってるし、演技も非常に良いから、この先英二に心を開いていくとどんな声色を出すのかすごく楽しみ。

 

原作を読んで見てすごく思ったのが、「BL作品と思われたく無い」だったけど、分かりやすくBLっぽくするかと思いきや、アクションとか心情の方をしっかりしてくれそうで、こっちも割と安心して見られそう。

 

この先すごい楽しみ。でもしんどい。

しんどいって言えるありがたさをありがとう。